ダイエット

アンチエイジングのためのコンドロイチン

コンドロイチンは体内のあらゆる組織に存在している物質で、普通はタンパク質と結合して存在しています。
主な組織としては関節の軟骨部分や血管、皮膚などの細胞と細胞の間、脳内などですが、
コンドロイチンの種類によって、その働きは異なります。
この物質は体内で合成されていますが、子供の頃が一番合成できる量が多く(能力が高く)年齢を重ねるに従って(合成できる量が)少なくなります。

例えば、20歳では、(コンドロイチンの種類にもよりますが)子供の頃とさほど変わりません。
しかし、40歳では、(コンドロイチンの種類によっては)半分程度に合成量が少なくなり、60歳では、四分の一以下にまで減ってきます。
このように加齢と共に体内で合成できる量が減ってくることにより、関節の異常(関節痛など)や体内の保水が十分にできないことにより(体内の)水分の減少、新陳代謝が活発でなくなる事、血液の老化(コレステロールが増えすぎるなど)、難聴、老眼、白内障などが起きると言われています。

このようなことは老化現象として知られているものですが、アンチエイジングのためにはコンドロイチンが重要な役割をしていることがわかります。
このようなことから、年齢と共に減ってくる体内のコンドロイチンを外部から補給することで、アンチエイジングに効果があるのではと考えるのは自然です。
外部から補給するにはサプリメントなどで摂取するのが一般的ですが、こうして体内に入ってきたコンドロイチンが体内に吸収されて活用できれば、各組織で使われることでアンチエイジングのためになります。
また、記憶力の低下などの脳の老化には、アラキドン酸が効果的です。
サプリメントで摂取すると手軽に続けらるので、アラキドン酸で脳のアンチエイジングがおすすめです。

コンドロイチンには、何種類かありますので、サプリメントに使われているコンドロイチンも一通りではありません。
ある製品を摂取し続けてもあまり効果が得られないことがある一方で、別の製品では効果があることもあります。
また、コンドロイチンの効果が現れるには、毎日摂取して一ヶ月から三ヶ月はかかると言われていますので、気長に摂取するようにします。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い栄養素 All Rights Reserved.